山形県金物専門 株式会社タケダ ホームページへ 株式会社 タケダは山形県の金物店です。建具金物・家具金物の専門卸商社として、さらに近年は建築金物でリフォーム業者様をバックアップしています。
ホームページへ⇒⇒
  山形県金物会社タケダネットショップへ
株式会社 タケダネットショップは、建具金物・家具金物・建築金物の販売をしています。業者の方から一般のお客様のニーズにお答えできるようこころがけています。
タケダネットショップへ⇒⇒

2009年09月22日

御客様から苦情が来た時の心構えについてU

御客様から苦情が来た時の心構えについて

御客様は当社の内勤のミス(実は私のようでした。)のせいで
荷物が出荷されなかった事に対して
営業担当者に文句を言ったら、当社の担当者から
「自分のしたことじゃないからわからないですよ」
と、自分の責任じゃないので何とも仕方ないと言われた事に対して
御客様が腹を立てて、私にまた文句を言ってきました。

その電話を私が受けて、はっとしました。
私がそのお客様から来たファックスの注文用紙を、
そのまま担当者の机に置いてしまった事が原因のようでした。
その為に担当者が帰ってくるまでその注文用紙はそのままで、
その日に出荷されませんでした。

その話をお客様から聞いている内に自分のミスが原因だと気付いて
「すみません。私がうっかり注文用紙を担当者の机の上にそのまま置いてしまいました。
本当に申し訳ございません」とかなりバツの悪い謝り方をしました。

その時、お客様は「なんだ、社長さんがしたんですか。しっかりしてもらわないと困りますよ」
と半ばあきれた感じで「今後はこんな事がない様に注意して下さいね」と
担当者から言われた無責任な返事も忘れたかのように、少し穏やかな感じになって話されました。

御客様の気持ちが少し和らいでくれたのでその場はなんとか許してもらいましたが、
私は私のミスはもちろん一番駄目な事ですが、社員の誰のミスも社内で共有出来るような
気持ちが社内全体として大切な事だと痛感させられました。

社内の誰のミスでもお客様からしてみれば潟^ケダのミスです。
御客様にとって会社の誰のミスかより会社のミスと考えられます。

社内のミスを社内の全員で共有出来るような本当のチームワークを造りたいと思いました。
それにはお互いのミスを素直に認めて、
その人の代わりに謝れる心を全員が身につけなければならない事だと思いました。

そのような気持ちを持てるようにするにはどうすればいいのか。
社内会議で全員で考えてみます。

posted by おもいこみ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 御客様の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

御客様から苦情が来た時の心構えについて

御客様から苦情が来た時の心構えについて

最近、お客様からのクレームに対する当社の担当者の対応について
不満の声が社長の私に寄せられました。
それも、別々のお客様から同じような不満の声でした。

私は、お客様に平謝りして改善するように約束しました。
当社の会議の場で、誰しもが同じ様な行動をとってしまいがちなので
会社全体の問題として、話ししようと思いました。

そのお客様の不満の声は、当社の担当者が営業に出かけていて留守の時に、
社内に残っている人がミスしてしまった事から始まります。
御客様が当社の内勤の起こしたミスに対して、
担当の営業マンに苦情を入れた時でした。

当社の担当の営業マンは、自分では何のミスもしていません。
外回りから疲れて帰って来て、
留守の間に溜まっている自分の机の上の御客様からのファックスの用紙に目を通していました。
そんな時、お客様から苦情の電話がかかってきたのです。
御客様はその担当の営業マンがいない時に当社の別の人間がミスした事に対して
担当者になんとか処理するようにとの電話でした。

その時、担当者は「私がいない時に他の者がやった事は私のせいじゃないですよ」
と自分の失敗じゃないから自分は関係ないという対応をしてしまったのです。

確かに自分に身に覚えのない事で文句を言われ、謝れと言われても素直になれないですよね。
まして、その処理を要求されたら他人の尻ぬぐいまでやってられないと思いますよね。

あなたなら、こんな時どんな風にしてお客様と話をしますか。

又、明日報告します。
posted by おもいこみ at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 御客様の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

今度はおばあちゃんが大腸癌に

女房のお母さんが酒田市立病院で悪性の大腸癌が見つかり検査入院する事になりました。 

すでに内視鏡切除手術で取れない程の大きさになっていたようです。

私は家のじいちゃんが水素のおかげで見事に、悪性の直腸癌から、
今では本当に癌だったのと思えるほど顔色もよく元気になれたので、
狩川のおばあちゃんも家に連れて来て、また水素をしっかり取ってもらって、
じいちゃんのように元気になって帰ってもらえるようにしたいと思いました。

それで必死で狩川の家族を説得しました。
そして酒田市立病院で検査入院が決まっていたのを、
急きょ山形県立病院に紹介状を書いてもらえるように、
女房が酒田市立病院に行って頼み込みました。

山形県立病院では外科の先生と水素の話はいろいろしているので、
先生も水素の事は承認してくれています。
病院内でも飲みたいだけ水素を飲めるので安心です。 

今、おばあちゃんは我が家から山形県立病院に検査の為に通院しています。
そして毎日、四人分もの水素を飲んでもらっています。
唇がピンクっぽくなってきたり、体がほてるようになってきたと言っています。
体温があがってきて顔色が良くなってくると癌との戦いが始まります。 

癌に負けるな!

posted by おもいこみ at 05:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康促進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

犬と人間の関係

clip_image004.jpg















「ハチ」の映画を見て涙が自然と出てきてウルウルになってしまいました。
何十年ぶりで、娘に誘われて映画を見てきました。

渋谷駅の銅像になっている「忠犬ハチ公」のアメリカ版でした。
大体のストーリーは想像していたのですが、
映画を見ている内に、不思議と「ハチ」の主人思いの気持ちが自分の思いのように感じられていました。
最後の別れの日を予感した「ハチ」は、
駅前の広場で今までやらなかったボール拾いの芸をして主人を引き留めようとしました。

そのハチの様子で私も「行かないで」と主人に叫びたい気持ちになっていました。
それ以来、主人は駅に戻ってくる事はなかったのですが、
「ハチ」はそれから十年間、毎日、同じ時間に駅に向かいに行ったのです。
感動と涙の連続でした(*_*)

「ハチ」の映画を見て改めて我が家の「ミニー」が一緒に住むようになってから
私達家族が「ミニー」に癒されている事を再認識しました。

私が仕事から帰ってくると、私の階段を上る足音でわかるのでしょう。
いつも「ミニー」が階段の上で顔を出して私を待っていてくれます。

 そしていつも「ただいま、ミニー」と言ってミニーの頭をなでます。
その時、仕事の疲れが一気に取れて自分の気持ちが穏やかになれるような気がします。

本当に家族の一員になっています。

娘の知的障害に何かいい効果があればとの思いで「ミニー」を求めたのですが、
今や私や女房も娘と同じ様に「ミニー」に癒されています。
世話をする大変さよりも大切なものがありました。

2009年09月03日

食品添加物の恐怖について

「あなたは食品添加物を気にして食品を選んでいますか」
気にはしているけど、仕方ないと思っていませんか。

現在の加工食品は殆どが添加物を使って作られています。
その添加物の味を食品の味と思い「美味しい」と感じているのです。

例えばミートボールは廃棄寸前の屑肉に30種類の白い粉を混ぜて、
子供の大好きな味に仕上げているそうです。
コーヒーによく入れるミルクと思っているコーヒーフレッシュは、
水と油と添加物だけで出来ているそうです。
漬物なども色や味を良くする為に、
酸化防止剤や化学調味料や合成着色料等がふんだんに使われているようです。
安いハム等は肉用ゼリー液を注入して原料の肉の1.3倍にも増量して作られているそうです。

食品業界は添加物を使って、
消費者が好んで買ってしまう安くて色艶の良いうまそうな食品を作り売上を伸ばそうとしています。
そこにはその食品を消費者が食べて健康に害があるかどうかは全く無視されています。

食品添加物は厚生労働省が、
一つ一つの毒性をネズミ等の動物を使ってテストをして認可されているそうです。
添加物として使っていいかどうか使用料の基準をネズミの実験で決められているそうです。

一応一つ一つの添加物は検査していますが、
これが「複合摂取」となると、まだきちんと研究されていないのが現状だそうです。
実は私達の環境はすでに添加物の「複合摂取」が常識になってしまっています。
その温床になっているのが、食品衛生法で定められている添加物の「一括表示」です。

例えば、「香料」「調味料」「乳化剤」「PH調整剤」「膨張剤」「酵素」「軟化剤」「凝固剤」「酸味料」
「光沢剤」等の表示でいろいろな添加物を一括で表示されています。

もう私達の消費者側ではどんな添加物がどれだけこの食品に使われているかは調べようがないのが現状です。

スーパーで安く買って喜んでいる食品こそが実は添加物を沢山使ってそれでも利益が出るようにしているのです。

今や日本は「世界一のガン大国」になってしまいました。  
日本ほど加工食品に添加物が当たり前に使われている国はないのではないでしょうか。
その為に、犯罪の低年齢化が進み、
「ガン」や「糖尿病」等の生活習慣病が異常に増えているように思います。    

あなたはどう思いますか。

参考文献です。
かなり詳しく克明に食品添加物の事が説明されています。

IMGP5294.jpg
posted by おもいこみ at 05:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康促進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

棚ダボ・棚柱について

棚ダボ・棚柱について

棚ダボは棚板を移動出来るようにメス側をあらかじめ多く側板に埋めておきます。
オスを移動する事によって棚板の高さを変えられます。
主に真鍮ニッケルの棚ダボが多く使われていますが、
ステンの棚ダボも場所によっては使われています。
8φ、9φ、10φ、12φとサイズもいろいろあります。

差し込むだけのメスを使わない差込棚ダボもあります。
グラフィックス等を使えばガラス棚も載せられて耐震用になります。

最近はメスダボをいくつも埋め込む手間を省いて棚柱を取り付ける場合が多くなってきました。
棚柱は取り付けも簡単で穴のピッチもきっちり揃うので家具屋さんばかりでなく、
大工さんが取付するようになっています。
棚柱を側板に彫り込むタイプと面付けするタイプがあります。
棚柱の材質はアルミ製とステンレス製があります。
タグ:アルミ棚柱
posted by おもいこみ at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家具金物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スライド丁番について

スライド丁番について

スライド丁番は家具の扉の裏側についている丁番です。
扉の表からは見えない丁番で最近は殆どの家具に使われています。
カップの大きさは26φと35φと40φがあります。
現在は家具の扉の厚みが20ミリの場合は、
殆ど35φのスライド丁番を使用しています。
扉の厚みが25ミリや30ミリになると40φのスライド丁番が使われます。
26φのスライド丁番は最近はほとんど使われなくなりました。

スライド丁番の交換の時はカップの径と扉の厚みを確認して下さい。
そして最も大切な必ず確認すべき事があります。
それは扉が枠(帆立)に対して何ミリかぶさっているか、または枠の内側におさまっているかです。
そのかぶせ量によって使うスライド丁番が決ります。

つまり、カップの径、扉の厚み、かぶせ量を確認する事が大切です。
最近は座金と本体をワンタッチで取付出来るワンタッチスライド丁番が主流になりました。

その座金も何本のビスで取りついているか確認して下さい。
2本ビス、3本ビス、4本ビスタイプがあります。

その他、扉がどの位開くか、開き角度も確認が必要です。
そして、そのスライド丁番がバネ付かバネ無かも確認して下さい。

メーカーは海外の物や国産の物とかなりの種類がありますが上記の確認をとれば、
代替えが結構効きますので安心して下さい。

それから最近はバネ付のスライド丁番の閉まる時の音がうるさい事などから、
スライド丁番用のダンパーでゆっくり締まるようにもなってきています。

そしてさらに扉の正面を押すと扉が開いてしまう、
プッシュオープンタイプのスライド丁番まで出てきています。
このプッシュオープンタイプのスライド丁番を使えば両手がふさがっていても、
ちょっと押すだけで扉が開いてしまいます。
この扉にはつまみも取手も何もつけないので壁のように見せる事も出来ます。
posted by おもいこみ at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | スライド丁番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。