山形県金物専門 株式会社タケダ ホームページへ 株式会社 タケダは山形県の金物店です。建具金物・家具金物の専門卸商社として、さらに近年は建築金物でリフォーム業者様をバックアップしています。
ホームページへ⇒⇒
  山形県金物会社タケダネットショップへ
株式会社 タケダネットショップは、建具金物・家具金物・建築金物の販売をしています。業者の方から一般のお客様のニーズにお答えできるようこころがけています。
タケダネットショップへ⇒⇒

2009年12月28日

果物の命を頂く食べ方について

あなたは、果物をどんな時に食べていますか。
食後のデザートとして食べていませんか。

結婚式などのパーティーでも、
果物は最後のデザートとして出されていますよね。
実はこの食べ方が一番悪い食べ方なのです。

皮をむいたリンゴを1時間位そのままにしておくと酸化して腐れてきますよね。
あなたは腐れたリンゴを子供に食べさせますか。
実は食後1時間以内に果物を食べると胃腸や肝臓に、
ものすごい負担をかけることになるのです。

私達が食べた食べ物は胃の上半分で40分から1時間かけて消化されます。
胃で消化されてから腸に行き栄養として吸収されていきます。
つまり、食後1時間以内に果物を食べると、
それまで食べた他の食べ物と一緒になってしまい、
胃酸という塩酸の中で溶かされてしまうのです。
その為に果物は酸化され腐れて(くされて)しまうのです。
それから腸に行くのですから腐れたリンゴを食べたのと同じ事になってしまうのです。

それでは、いつ果物を食べればいいのでしょうか。
胃の中に何も入っていない空腹時に果物を食べると,
20分から30分で消化され胃酸の影響もなく酸化されないまま、
あっという間に腸に行きます。
そして腸から果物の生きた酵素をそのまま吸収できるのです。
これが果物の命をそのまま頂くことになるのです。

子供が学校から、おなかを減らして帰って来て,
「おなか、すいた」と言っておやつを欲しがっている時が果物を食べさせる一番いい時なのです。
出来ればその果物もなるベく、あまり冷やさない方が私達の体の為には良いようです。

体が冷えると体内の消化酵素が働かなくなる為です。
そして、果物を頂く時は、他の食べ物と一緒に混ぜたりしない事です。

例えば、牛乳にバナナをシェイクして食べると栄養のバランスが良いと言われていますが、
牛乳と一緒に食べる事で、胃の中で牛乳のレンニンという酵素が固まってしまい、
その為にバナナも固まった牛乳と一緒に胃の中で滞留(たいりゅう)することになり,
一緒に酸化されてしまうのです。
ヨーグルトに果物を混ぜて食べるのもまた同じ事になるのです。
こんな事をして食べると
視力の低下を招くようになるそうです。

栄養学的に優れた食べ物もその食べ方を間違えると,
かえって体の酸化を促進して老化を早める事になるようですね。

鉄が古くなる(老化する)とどうなりますか。
酸化して錆びていきますよね。
私達の体も全く同じで老化して行く事は体が酸化して行く事なのです。

いかに酸化を抑えていくかが老化をゆっくりさせる事に繋がり(つながり)、
いろんな病気のリスクから体を守り長生きして行く事に繋がるのです。   
posted by おもいこみ at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康促進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

白砂糖の恐怖

毎日の食生活の中で御菓子やその他清涼飲料水やジュース等、
あらゆる食べ物に白砂糖は使われていますよね。

今回は、白砂糖の本質を考えてみます。

私達の体は60兆個の細胞で出来ていますが、
体が健康かどうかはその細胞が丈夫かどうかで決まります。

よく丈夫な体質と言いますがこの体質とは細胞の質の事になります。
この細胞が置かれている環境は私達の体の環境液と言われるものだそうです。
環境液とは、つまり血液と体液の事です。

この環境液を元気にする絶対条件が体内をペーハー7.35±0.03の弱アルカリにする事だそうです。
その為には体の中に酸性物質を取り込むかアルカリ性物質を取り込むかが大事になります。

そして環境液の主成分は水なので、
出来るだけ還元水等の体に良い水を使って調理や飲料水に使う事です。

実はその環境液を一番汚すのが白砂糖なのです。
白砂糖は体の酸化を促進させ、血液を汚す一番の原因になっています。
アトピーの子供に甘い食べ物をやめさせると3割の子供は改善されるそうです。
白砂糖にはかゆみを発生させる蟻酸(ぎさん)という物質が含まれている為で、
白砂糖の摂取量を減らす事でかゆみの元の蟻酸(ぎさん)を減らす事になり、
アトピーの改善につながっていくそうです。

その他白砂糖を多く使うと、インシュリンも通常の7倍必要になるそうです。
白砂糖は他の食べ物と違って消化吸収の過程を通り越して、
一気に血液の中に入り血液を汚してしまいます。
その結果、血液が固まりにくくなり貧血になったり、
免疫力の低下で化膿した傷が治りにくくなったりしてきます。
最近の花粉症などのアレルギー症状の原因にもなっているそうです。

なるべく砂糖は含(がん)蜜(みつ)糖(とう)で精製されていない天然のきび糖、
黒砂糖、てんさい糖等を使うようにしたいものです。

それではここで分(ぶん)蜜(みつ)糖(とう)で糖蜜を分離して作られている、
通常の白砂糖の精製過程を御紹介します。

clip_image006.gif
@ さとうきび等を圧搾(あっさく)し糖蜜(とうみつ)をとる。



A 石灰、炭酸、亜硫酸、亜硫酸ガスを使って、
煮詰めた糖蜜(とうみつ)の中の不純物を取り除く。


B ほう酸鉛や塩素などでさらに透明な液を作る。

塩素を運ぶタンクローリーには毒の表示がされているそうです。

C ミネラル・ビタミン等の栄養素があるとベタつくのでこれらの栄養素を取り除く。


D 塩酸、その他の無機酸で砂糖を真白に仕上げる為に漂白する。



こんな風にして白砂糖は作られているそうです。恐ろしいと思いませんか。       

posted by おもいこみ at 09:24 | Comment(8) | TrackBack(0) | 健康促進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

あみと一緒に

Image076.jpg























(^O^)/猿軍団のショ−をあみと一緒に見ました。
新聞の折り込み広告の中に山形駅の西口で、
猿軍団のショー開催のチラシがありました。

娘のあみは見たくて仕方がない様子で何度も私にせがみました。
私もたまにあみと一日ゆっくり過ごすのもいいかなぁと思いました。

午前中は私の知り合いのお見舞いに病院に一緒に連れて行ったり、
私の親友が出展している日本画の展覧会を見に行ったりして、
私の用事に付き合せて食事の後に、午後からこの猿軍団のショーを見に行きました。

見に来ている子供達は小学校以下の子供が多かったのですが、
あみの精神年齢はまだまだそのレベルですので、私も気にしないで見る事にしました。

ショーが始まるとあみは座っていられず、どんどん前の方に行きます。
そして実際に猿に触れる位の一番前の脇に立って見ていました。
よほどうれしいのか、猿に近づこうとして、触ろうとしています。

本当にあみは動物が好きなんだなぁと思いました。
連れてきてよかったなぁと思い久しぶりのあみと二人っきりの時間を楽しみました。

猿軍団のショーを見た後に、特別お母さんに内緒だよと言う事で、
二人だけの秘密にして、近くのレストランでナポリタンを一人分注文して二人で食べました。
食べ過ぎると夕食を食べなくなるので、お母さんにばれるからです。

一人分の注文しかしないのに、店の人は気を利かせて受け皿を二枚用意してくれました。
そして二人で仲良く食べました。
とても美味しく、娘と二人の時間が私にとってもとても癒されるような優しい時間でした。

あみ、いつもこんな風に出来なくてごめんね。

2009年09月30日

南部恵治氏の講演のメモV

南部氏の講演のメモV

朝、起きた時「今日も元気だ。がんばるぞ〜」と自分に暗示をかけてやると、
その一日がその通りになる。
その時は、現在進行形で考える事。

主語を認識出来ないのが潜在意識。
思ったら必ず実現する。
思わないから実現出来ない。

自分が反省するような行動はとらない。
だから成功者には反省がない。
くよくよしない。
そんな時はすぐ寝る。
寝ると自分の潜在意識の中で解決してくれるので、
朝起きるとまたやる気が出てくる。

笑いと自身と人が好き。
不思議を信じる。
そうすると手を伸ばしたところに夢をつかめる。

勝ち組の成功者は苦労なんかしていない。
努力すればする程、頑張れば頑張る程、成功しない。
努力しない人は論外ですが、無理をしない努力をする。
苦労と思わない努力をする。

優雅な生き方。おうらかに生きましょう。そのような人に運が向いてくる。
運がある人は自動的に自分の目の前が開いて行く。
ひとりでに自分の前の人がこけて行っていつの間にか自分がトップになっていく。

以上が南部さんの講演を聞いて私がメモをとった内容です。
この中のどこか一つでも参考になればうれしいです。
posted by おもいこみ at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

南部恵治氏の講演のメモU

南部恵治氏の講演のメモのUです。

勝ち組の共通項は笑う事。
自分は人よりも強運であると常に思っている事。
自分は運がいいと心の底から思う事。→それが自分が念じた事が現実になる。
運を持っている人と握手する事。「あなたの運を頂きます」と念じて握手する。
強運者は群れをなす。そういう人達の集まる場所に自分もはいる。
その中に入るといろんな情報をもらえる。
接触する相手は自分より運を持っている人がいい。
南部さんは成功者の近くに行って握手して運をもらってきた。
人が好きになりましょう。出会いが大切。人が好きになるアクションを行う。
運はボヤ〜としてよく見えない。
プラスの種をまいてもマイナスの種をまいてもプラスになる。
これが強運な人。笑いと人が好きがあるから。
人生は一回きりだからまともに生きようなんて考えない。
人生はゲームだと思えば、人よりガンガン先に行ったり、ゆっくり休んだり出来る。
頑張りすぎない。必死になればなるほど死んでるよ。
必要以外の努力をするからどつぼにはまってしまう。
成功したいと思ったら考えすぎない。
自分は幸運だと信じて生きていく。
posted by おもいこみ at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

南部恵治氏の講演のメモ

ベンチャーの神様と言われている南部恵治氏が山形で講演してくれました。
その時の私のメモを自分も忘れないようにブログで紹介します。

かなり参考になると思いますよ。
但し、メモなので文章的にはバラバラですが流し読みして下さい。

 リスクを持ってチャレンジしていく。
 ビジョン(理念)を持ってぶれないで進む。
 ベンチャー企業は年間25社位が上場する。
 ベンチャーのベースはスピードが大切で2〜3年で達成出来るスピードを持つ
 スピードと成果
 必ずプラス思考で行く。
 褒めて動かす→基本ベース
 富と健康と幸せを手に入れた成功者には共通の考え方がある。
 普通の年齢より若く見られる。パット見が若い→それは苦労していないから(何も考えていない)
 苦労、苦労の連続から成功はない。孫(ソフトバンク)さんも同じ。
 笑いながら楽しくやってその先に成功がある。だから若く見られる。
 苦労とか仕事のし過ぎからは成功出来ない。
 二兎を追う者は一兎も得ず→そんな事は無い。
 南部さんと孫さんの会話「二頭を追う者は十頭を得るよね」
 人生は楽しいゲームだと思って生きよう。
 その方が生きて行きやすい。
 成功者は落とし穴だけをよけて通ればいい。この落とし穴でほとんど消える。
 成功者は絶対悩まない。→何も考えていない。
 過去の事は殆ど頭の中にない。→だから前に進める。→辛い事や苦労は考えすぎない。

 考え過ぎない。悩まない。後悔しない。反省しない。→王道を進める。→成功につながる。
 笑いの中で生活している。絶対に切れない。笑っていると自分を失う事はない。
 3年前に頭の中に思った事が3年後に現実のものになる。
 
 
posted by おもいこみ at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

娘は私の人生の羅針盤

娘は私の人生の羅針盤
 
 娘の「あみ」が生まれた時は、待望の女の子で「やったぁ」と本当に喜びました。
上の二人のお兄ちゃん達がスポ小の野球で頑張っていたので娘を連れての応援でした。

「あみ」が保育園に入った頃から、話がうまく出来ない事や、お漏らしの頻度が多い事でなんかおかしい子だと思い始めました。
でも、保育園の先生は「ちょっと他の子より遅いだけですよ。そのうち追いつきますから」
と言って下さったので自分の不安を打ち消すようにしていました。

ところが小学校入学の段階で市役所から特殊学級を選択するかどうかの案内が届いたのです。
その時、はっきりと娘が知的障害を持っている事を思い知らされました。
娘は、ダウン症でも自閉症でもありません。一見すると全く普通の女の子です。
家の子に限ってそんな事はあるはずがないと、常に自分の不安を打ち消していました。

もっと早くその事を受け入れて娘の為に何か行動をとっていれば何か変わっていたかもしれません。
でもその時は何も出来ませんでした。
 その事実を認めても、まだ自分の心の中で受け入れきれなく、
女房の育て方が悪かったのではないかなどと女房を責めたりしていました。
自分がどれだけ不幸かと言わんばかりに女房を批判していました。
母親である女房はもっと苦しんでいたのに、その事すら自分はわかろうとしていませんでした。
そんな苦しみのどん底の中で、
私は自分がいかに高慢で人の心を理解しようとしない自己中心的な人間であるか自分の根本の心に気付かされました。
そして娘の「あみ」はそんな私に神様が「お前は思いやりの心がない。そんなお前の心を治す為に娘を授ける」
と私に授けて下さったんだと思えるようになったのです。

そして娘を私の人生の羅針盤になる大切な宝物だと思えるようになったのです。
娘と共に娘の老後までずっと付き合っていく為に、私自身の体の健康にも真剣に取り組むようになりました。
食べ物を食べる時の判断基準は、常に美味しい食べ物ではなく、体の為に良い食べ物かどうかに変わっていったのです。

そして、スペシャルオリンピックスの仲間との出会いで、
今まで健常者だけの世界しか知ろうともしなかった自分を恥ずかしいと思うようになりました。
知的障害者の家族との触れ合いを通して、
本当の自分の人生において自分に与えられた使命を考えるようになりました。
このまま、仕事ばかりに夢中になって一生終わるのではなく、
息子がしっかり修行を積んで戻ってきて会社を任せられる位になったら、私は会社を引退したいと思っています。
そして、女房と娘と共に知的障害者の人達が楽しく仕事をして、
本当の意味の自立が出来るような組織をつくりたいと真剣に考えるようになったのです。

その為に、今の会社をしっかりと盤石の物にして息子に引き継ぎたいと思っています。

そして会社の代表を引退してからの人生で、
具体的にどんな事をして行けば自分の思いがかなうようになるのかいろんな情報を得られるようにしたいと思っています。

知的障害者の人達が本当に自分達の仕事を通して世の中の人達に認めてもらえて、
喜んでもらえるという事を実感できるような仕事を考えていきたいと思っています。
健常者の人と共に知的障害者も楽しく働いて自分の人生を喜べるようになってもらいたいと真剣に考えています。
その私の人生の方向がぶれないように常に私には大切な娘が傍にいます。
私の人生の羅針盤として。私の生きがいとして。
「あみ、これからもずっとお父さん達と一緒に歩いて行こうね」 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。