スライド丁番記事一覧

2009年08月04日

スライド丁番について

スライド丁番について

スライド丁番は家具の扉の裏側についている丁番です。
扉の表からは見えない丁番で最近は殆どの家具に使われています。
カップの大きさは26φと35φと40φがあります。
現在は家具の扉の厚みが20ミリの場合は、
殆ど35φのスライド丁番を使用しています。
扉の厚みが25ミリや30ミリになると40φのスライド丁番が使われます。
26φのスライド丁番は最近はほとんど使われなくなりました。

スライド丁番の交換の時はカップの径と扉の厚みを確認して下さい。
そして最も大切な必ず確認すべき事があります。
それは扉が枠(帆立)に対して何ミリかぶさっているか、または枠の内側におさまっているかです。
そのかぶせ量によって使うスライド丁番が決ります。

つまり、カップの径、扉の厚み、かぶせ量を確認する事が大切です。
最近は座金と本体をワンタッチで取付出来るワンタッチスライド丁番が主流になりました。

その座金も何本のビスで取りついているか確認して下さい。
2本ビス、3本ビス、4本ビスタイプがあります。

その他、扉がどの位開くか、開き角度も確認が必要です。
そして、そのスライド丁番がバネ付かバネ無かも確認して下さい。

メーカーは海外の物や国産の物とかなりの種類がありますが上記の確認をとれば、
代替えが結構効きますので安心して下さい。

それから最近はバネ付のスライド丁番の閉まる時の音がうるさい事などから、
スライド丁番用のダンパーでゆっくり締まるようにもなってきています。

そしてさらに扉の正面を押すと扉が開いてしまう、
プッシュオープンタイプのスライド丁番まで出てきています。
このプッシュオープンタイプのスライド丁番を使えば両手がふさがっていても、
ちょっと押すだけで扉が開いてしまいます。
この扉にはつまみも取手も何もつけないので壁のように見せる事も出来ます。
posted by おもいこみ at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | スライド丁番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。