2010年06月21日

スガツネ工業潟Vョールーム見学バスツアー

スガツネ80周年記念
新作発表会
角丸2号車IMGP9344.jpgバスツアー
角丸1号車IMGP9341.jpg















角丸菅佐原社長IMGP9347.jpg角丸展示場でIMGP9368.jpg















角丸ショールームの前でIMGP9370.jpg







 






スガツネ工業鰍W0周年記念新作発表ショールーム見学のバスツアーに御参加頂いた1号車と2号車の皆様です。
5月29日は月末で何かと忙しい中、御参加頂きまして本当にありがとうございました。

朝5時30分集合という大変早い時間にも関わらず、
5時40分頃には、ほとんどの方に集まって頂きました。感謝、感謝です。
心配していた雨も降らず、無事出発前に写真を撮る事が出来ました。
そして、予定通り6時に出発出来ました。

長い東京までのバスの中で今回は何をお話ししようかとあれこれ考えていましたが、
スガツネ工業叶寫イ原社長の経営に対する思いの強さと私の日頃感じている事を話しさせて頂きました。


途中の休憩の時に1号車から2号車に移り、
スガツネ工業叶寫イ原社長の経営に対する姿勢を2号車の皆様にも話しさせて頂きました。
その後に当社のネットショップを通じての全国の御客様との出会いについて、
私が気付いた事や参加された御客様がストレスを感じる事無く、仕事を楽しくして、
御客様の方から仕事の依頼を持って来てもらえるようになるには、
日頃どのような事を心がけて仕事をして行くべきなのか、私の思いを話させて頂きました。

皆さん、私の話にうなずきながら真剣に聞いて頂きました。
そして、「社長の話で元気をもらったぁ。とてもいい話を聞かせてもらった。また是非参加させてもらいたい」
と本当にうれしい言葉を頂き、握手までさせて頂きました。
 
到着したバスの中で菅佐原社長が、
今回の参加されたバスツアーの中で一番遠い山形から大型バス2台で参加した私達に、
感謝の気持ちと展示品の見どころ等話して頂きました。
菅佐原社長の真剣な顔つきに皆さんもしっかり聞いていました。
ありがとうございました。
帰りの時間で集まった方だけで写真を撮りました。皆さんお疲れ様でした。 



posted by おもいこみ at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県の金物屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

国の重要文化財の建物の鎧戸用トンボ


国の重要文化財の
建物のトンボ製作

外交官の家斜め方面からIMGP3818.jpg














鞄寥ゥ工務店様の安田様から鎧戸(よろいど)用アオリ止のトンボ製作の依頼も受けました。
現在は窓の外側に鎧戸(よろいど)を付ける事はなくなりましたが、
昔はこの写真のように窓の外側には必ず鎧戸(よろいど)がついていました。
その鎧戸を開いた時にこのトンボが鎧戸を抑えて、
風が吹いてもバタバタしないようにしていました。
鎧戸を閉める時はこのトンボのプロペラを
ちょっと横にひねるだけで閉める事が出来ます。

このトンボの話は最初から製作する事でスタートしましたので、
文化財の現物をお預かりさせて頂き、材料から仕上げまで、
すべて同じように製作させて頂きました。

これが文化財の建物についていたトンボです。トンボ製作品P3162989.jpgトンボ製作品真横からP3173008.jpg
















当社を国の重要文化財の改修工事に参加させて頂きました鞄寥ゥ工務店様の安田様より、
金物の納入後にうれしいメールを頂きましたので御紹介させて頂きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
鞄寥ゥ工務店様 安田様より
武田社長様
お世話になりました。
お蔭様で3/19に工事完了引渡しが出来そうです。
ありがとうございました。
先日のお話で完了写真をお送りするとの事でしたので、あおり止め・滑車の 完了写真を添付致します。
 今後共ご協力の程宜しくお願い致します。
株式会社 筒見工務店  安田
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
安田様、こちらこそ、このようなお話を頂きまして本当にありがとうございました。 

今回、このような大変な改修工事に金物を納入させて頂きました事は私のこの上ない喜びです。
安田様に喜んでもらえて、本当にうれしいです。

このお客様の喜びの為にこそ、私が仕事をしているような気持がします。
こんなうれしい事はありません。
こちらこそ、ありがとうございました。


製作トンボ立ててIMGP8486.jpg
posted by おもいこみ at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県の金物屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

国の重要文化財の建物改修工事現場に金物納入

国の重要文化財
外交官の家の上げ下げ窓用滑車の製作外交官の家全体IMGP3807.jpg
 














神奈川県横浜市の鞄寥ゥ工務店様の安田様より問合せのメールを頂きました。
「国の重要文化財の建物の改修工事を当社で行う事になりました。
つきましては、工事内容の中の上げ下げ窓の滑車の部品を調達して頂きたいのですが、
ご相談に乗って下さい。
宜しくお願いします。」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
鞄寥ゥ工務店様は文化財の仕事を請け負う程のしっかりした仕事をされる地元でも信頼される工務店様です。
私は、こんな嬉しいお話を頂き何としても納入出来るようにしてYさんに喜んでもらいたいと思いました。


下の写真は文化財の滑車の写真です。

文化財の滑車P3052665.jpg













この滑車で上げ下げ窓を上下の位置のどこでも止めるように出来ます。
現在のバランサーと同じような役目をします。

滑車の裏側の両側の枠の中に上げ下げ窓の半分の重さと同じ重りが下がっているので、
どこの高さでも窓が止まる仕組みになっています。

私は、山形県の旧県会議事堂の文化財の時も金物を納入させてもらった事があったので、
文化財の現場に金物を納入する事の大変さを、身をもって体験していました。
大変なだけに納入出来た時は、格別な喜びを感じたものでした。

今回も何としてもYさんの希望する品物を納入したいと思い、
私が知り得るあらゆる方面に問合せをしました。
そして、遂に完成しました。(^O^)/      
滑車製作品P3162949.jpg


製作滑車裏面からIMGP8482.jpg製作の滑車斜めからIMGP8481.jpg
posted by おもいこみ at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県の金物屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

私の修業した会社 清水鰍ウん

角丸松原氏と遠藤氏とIMGP7188.jpg 













 私が若い頃修業した清水鰍フ東京支店長の松原さんよりメッセージを頂きました。

潟^ケダ様の武田社長をはじめ社員の皆様には日頃より大変お世話になっております。
当社は、建築金物・インテリア用品・DIY用品の商社として国内販売及び輸出入を手掛けており、
大阪に本社を構え『社会貢献・経営連帯・信用蓄積・適応革新・創造提供』と5つの経営理念を基本とし、
快適な暮らしや住まい作りの為、人と環境にやさしい付加価値の高い商品開発と販売に心がけております。

昨年8月より潟^ケダ様の担当窓口である仙台営業所と東京支店を兼務することになり、
昨年早々にご挨拶にお伺いしました。
武田社長は当社で修行されていた方と聞いておりましたので、
お会いするのを楽しみにしておりました。

武田社長は、若輩者の私に対して非常に優しく話をされ、
会社・業界・人生の先輩として商売を抜きで
今後お付き合いや相談できる人である事を実感いたしました。
今回も新年のご挨拶でお伺いさせて頂き、改めて武田社長のお人柄に感銘をうけました。

社長のお話の中で「お客様に喜んでもらえる仕事をする事が一番大切」とありましたが、
その事が今の厳しい商環境の中でやっていけるヒントだとも感じました。
今回もまた、武田社長より多くの事を学ばせて頂き有意義な訪問でした。
また、次回お会いできる事を楽しみにしています。

清水鞄結梹x店  松原直哉 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 松原支店長、こちらこそ、
わざわざ東京から私の話を聞きに来てくれて本当にうれしかったです。
清水鰍ウんは私の商売の原点です。
私は、二代目として果たして本当に自分が商売に向く人間なのかを試したくて、
わざわざそう簡単に帰ってこれない大阪の清水鰍ウんを修業の場に選びました。
そして大阪商人の鏡であり、現在の大阪の金物団地を造った先代の清水進一社長に出会いました。
清水社長との最初の面接の時、
なんで山形から大阪に来たのかを聞かれ、
大阪商人の商売のやり方を学んで帰りたいからと答えました。
そしたら、清水進一社長は
「武田君、大阪の商売を覚えるのには最低五年は頑張らないと駄目ですよ。」と言われました。
その時、私は「他の人が五年かかる事を三年で覚えたいと思います。
そして三年で五年分の働きをして会社に恩返しをしたいと思います。」と答えました。

それから、我武者羅な修業時代の三年半でした。
あの時の思いは今も鮮明に私の脳裏に焼き付いています。
ありがとうございました。  


posted by おもいこみ at 08:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県の金物屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

初めまして 建築金物専門卸の武田です

donmai55-2008-07-05T06_15_50-1.jpg皆さん 初めまして山形の武田英昭です。

今回、初めて“ブログ”にチャレンジします。まったくの素人です。

伝えたい事は沢山あるのですが、どのように、お伝えしたらいいのか?

まだよくわからず、手探りしながら進めていきたいと思っています。

私のブログは、建築業者の方には最高にうれしいブログになるのでは?

それから、健康について悩んでいる方にも、かなり参考になる話があると思いますよ。

 
私は潟^ケダという金物店を経営しています。
主に建具金物、家具金物、建築金物、店舗金物、などなど メインの扱い商品の紹介や困りごとの相談なども対応していきたいと思っています。

専門家の方も素人の方も大歓迎ですので、これから是非、宜しく御願いします。
posted by おもいこみ at 07:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県の金物屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。