2010年03月27日

国の重要文化財の建物の鎧戸用トンボ


国の重要文化財の
建物のトンボ製作

外交官の家斜め方面からIMGP3818.jpg














鞄寥ゥ工務店様の安田様から鎧戸(よろいど)用アオリ止のトンボ製作の依頼も受けました。
現在は窓の外側に鎧戸(よろいど)を付ける事はなくなりましたが、
昔はこの写真のように窓の外側には必ず鎧戸(よろいど)がついていました。
その鎧戸を開いた時にこのトンボが鎧戸を抑えて、
風が吹いてもバタバタしないようにしていました。
鎧戸を閉める時はこのトンボのプロペラを
ちょっと横にひねるだけで閉める事が出来ます。

このトンボの話は最初から製作する事でスタートしましたので、
文化財の現物をお預かりさせて頂き、材料から仕上げまで、
すべて同じように製作させて頂きました。

これが文化財の建物についていたトンボです。トンボ製作品P3162989.jpgトンボ製作品真横からP3173008.jpg
















当社を国の重要文化財の改修工事に参加させて頂きました鞄寥ゥ工務店様の安田様より、
金物の納入後にうれしいメールを頂きましたので御紹介させて頂きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
鞄寥ゥ工務店様 安田様より
武田社長様
お世話になりました。
お蔭様で3/19に工事完了引渡しが出来そうです。
ありがとうございました。
先日のお話で完了写真をお送りするとの事でしたので、あおり止め・滑車の 完了写真を添付致します。
 今後共ご協力の程宜しくお願い致します。
株式会社 筒見工務店  安田
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
安田様、こちらこそ、このようなお話を頂きまして本当にありがとうございました。 

今回、このような大変な改修工事に金物を納入させて頂きました事は私のこの上ない喜びです。
安田様に喜んでもらえて、本当にうれしいです。

このお客様の喜びの為にこそ、私が仕事をしているような気持がします。
こんなうれしい事はありません。
こちらこそ、ありがとうございました。


製作トンボ立ててIMGP8486.jpg
posted by おもいこみ at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県の金物屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。