2009年08月02日

ドアクローザー(DC)について

ドアクローザー(DC)について

ドアクローザーはドアチェックなどとも呼ばれています。
ドアクローザーの交換の時に確認してもらいたい事は、
まず、外付けか内付けかです。

外付けはドアクローザーのついている側に扉を開けるタイプです。
扉が外開きで外側にドアクローザーが付いている場合外付けと呼びます。
ほとんどはドアクローザーを見せない様に又は風雨にさらされない様に内側についています。
内側についているタイプは内付けで通常パラレルタイプと呼ばれます。
パラレルタイプはどのメーカーの商品にも番号に「P」の文字が付いています。

次に確認してもらう事は、扉の材質と扉の重さです。
木製なのか、木製の硝子入りなのか、アルミ製なのか、鉄扉なのか。
扉の重さによってドアクローザーの内臓されているドアを閉める為の力が違うものが付いています。
扉の重さとドアクローザーの力があった品番を選びます。
そうしないと扉が閉まってこなかったり、逆に重くて開けられなかったりします。

次に確認してもらう事は、ドアクローザーのブラケットです。
扉の枠側についているドアクローザーのアームの先のブラケットです。
枠が木製なのかアルミなのか鉄なのかによっても使われているブラケットが違います。

ブラケットには、枠の下から取り付けているタイプや枠の正面から取り付けているタイプがあります。
さらにブラケットが水平の平なタイプや段付ブラケットだったりL型ブラケットだったりします。

メーカー名や品番を探す時はアームに品番のような番号が刻印されています。
そして本体の裏側に品番が刻印されている場合もあります。

ドアクローザーはニッカナ(ダイハツディーゼルNHN)のように廃業してしまったメーカーもあります。
リョービやニュースターの品物でも廃番になっている商品も多いので、
そのような場合は万能型のドアクローザーをお勧めします。

出来れば交換したい商品の扉に取りついているままの写真を撮ってメールを頂けるとありがたいです。
その時は、ぜひアームとブラケットの写真も忘れないで下さい。
アームにも段付アームなどいろいろありますので。 
posted by おもいこみ at 06:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 建具金物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
玄関ドア内側に網戸をつけて、DCが干渉するため外したのですが外付けのDCで対応出来る商品はありますか?携帯で構わないので連絡下さい。080-3456-7801勝又
Posted by シンセイプラン鰹泱 at 2011年08月08日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124790996

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。