2009年06月30日

じいちゃんが直腸癌になってからの日記

私が今までじいちゃんに水素で癌を治せるので、
手術を受けない様に話をしていたので、
じいちゃんはそんな今までの話を全部打ち消すように強い口調で頼んでいました。

須藤先生にもそんな話が伝わっていたのでしょう。
一瞬、驚いた様子でした。
須藤先生は「そうですか。手術する方向でいいんですね。わかりました。
それでは、これまでの流れとこれからの手術についてご説明させて頂きます」

須藤先生は私もじいちゃん本人も手術をお願いする気持ちを固めた事にすっきりしたような顔で、
じいちゃんの直腸癌の詳しい説明をわかりやすくしてくれました。

ここから須藤先生の説明です。
まず、直腸癌の手術の前に胃癌を見つけ、早期癌だったので、
内視鏡的切除手術を行いました。
その手術中に痰が左側の肺に入ってしまい、突如、肺炎になってしまいました。
その肺炎も本人の素晴らしい回復力で改善しました。
動脈血の採血やエックス線写真で検査して確認出来ました。

直腸癌に対する水素療法の効果については、内視鏡的所見では、
明らかな縮小は認めておりません。

この時私が、じいちゃんが心配していた血便が無くなったのと便通がよくなったのは、
水素のおかげだと思いますがと口をはさみました。
須藤先生も出血が無くなったり、
便通がよくなったのは水素のおかげかもしれませんと否定されませんでした。
posted by おもいこみ at 05:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122505023

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。