2009年06月26日

じいちゃんが直腸癌になってからの日記

6月3日

御前10時まで病室に行きました。
今日はいよいよ直腸癌の手術を受けるかどうか須藤先生との話し合いをする日です。
病室に着いたら、じいちゃんは点滴も何もなく、
顔色も非常によく元気そうにベットに座っていました。

昨日、じいちゃんに電話で今日須藤先生に会って話をする前に、
水素療法で手術を受けないで行くのか、
須藤先生に手術をお願いするのか決めてから話を聞くようにしたほうがいいと話しました。

じいちゃんは自分で決めていたのでしょう。
迷う様子もなく「須藤先生に手術してもらうつもりだ」と私にはっきり言ってきました。

昨日の夜、女房にも相談したところ、本人の意思が一番大事で、
もし私が私の思いを押しつけたら、
もし万が一の事になったらあの世からじいちゃんが化けて出てきて、
「お前の言う通りにして失敗だったぁ」と言われるよ。
と忠告されました。

その通りだと私も思いましたので、私ももうこれ以上は何も言わず、
じいちゃんの思い通りに選択してもらって、私は何も口を出さない事にしました。
posted by おもいこみ at 06:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122256692

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。