2009年12月29日

奇跡を起こす人鈴木先生と面談


角丸鈴木先生とIMGP6413.jpg














奇跡を起こす人!鈴木先生と面談

鈴木先生と個人面談する為、
茨城県水戸市にある「エジソン・アインシュタイン・スクール協会」の水戸本部に行って来ました。

鈴木先生は横浜国立大学大学院経営学研究科修士課程終了後、
桜美林短期大学等、数々の学校の講師をされた後に、
現在「つくば能力開発センター取締役所長」をされ、
「地球能力開発事業団団長」そして「エジソン・アインシュタイン・スクール協会」の代表もされています。
鈴木先生の著書も数多く出版されており、その実績は素晴らしいものです。

鈴木先生はこれまでの17年間に、
先天性で治らないと言われているダウン症や自閉症の子供の改善に独自の指導法を開発され、
その実践で実際にダウン症の子や自閉症の知的障害児を普通クラスに入れるまでに改善をされています。

これから本当に楽しみです。
鈴木先生、今後とも御指導宜しくお願いします。 



知的障害児の娘が私の人生の羅針盤になりました。

 私は知的障害を持って生まれてきた娘に感謝しています。
今のような気持ちに私がなれたのは娘のおかげです。

娘が知的障害児とわかってからは、その現実を受け入れられなく、
悩み、「なんで、なんで自分の子が」という思いを常に持っていました。
その思いは世の中から自分が差別されたような落ち込みようでした。

女房に対しても、
育て方が悪かったのではとか、自分の苦しみを女房のせいにしていました。
今は本当に女房には申し訳ない気持ちで一杯です。

こんな駄目な私が娘の老後を考えて、
自分達親がいつまでも娘と共に長生きしなければと真剣に考えるようになりました。
その為に本気で健康の事を勉強するようになりました。

また、娘の事を伝える事でいろんな方の助言も貰い、いろんな人に巡り合えました。
会社の仕事もそんな人のつながりで新しい事にどんどんチャレンジ出来るようになりました。

そして私自身が廻りの人にやさしくすることのうれしさを感じるようになりました。
今までは廻りの人に自分から優しい笑顔や言葉をかけていたでしょうか。
今の私はその一番大切な思いやりの心がしみじみとわかるようになりました。

こんな風に私が変われたのもすべて娘のおかげです。
本気で娘に感謝しています。
そして本気で娘の為になんでも出来る事はチャレンジしていきます。
そして、娘と共に知的障害を持って生まれてきた子供や、
その親の為に少しでも役に立つ事をしていければと考えています。

その為には今の会社の仕事をしっかり受け継いでもらえるように社員と息子に
私の考え方や商売の大切な心を伝えていきたいと思っています。 

2009年12月28日

果物の命を頂く食べ方について

あなたは、果物をどんな時に食べていますか。
食後のデザートとして食べていませんか。

結婚式などのパーティーでも、
果物は最後のデザートとして出されていますよね。
実はこの食べ方が一番悪い食べ方なのです。

皮をむいたリンゴを1時間位そのままにしておくと酸化して腐れてきますよね。
あなたは腐れたリンゴを子供に食べさせますか。
実は食後1時間以内に果物を食べると胃腸や肝臓に、
ものすごい負担をかけることになるのです。

私達が食べた食べ物は胃の上半分で40分から1時間かけて消化されます。
胃で消化されてから腸に行き栄養として吸収されていきます。
つまり、食後1時間以内に果物を食べると、
それまで食べた他の食べ物と一緒になってしまい、
胃酸という塩酸の中で溶かされてしまうのです。
その為に果物は酸化され腐れて(くされて)しまうのです。
それから腸に行くのですから腐れたリンゴを食べたのと同じ事になってしまうのです。

それでは、いつ果物を食べればいいのでしょうか。
胃の中に何も入っていない空腹時に果物を食べると,
20分から30分で消化され胃酸の影響もなく酸化されないまま、
あっという間に腸に行きます。
そして腸から果物の生きた酵素をそのまま吸収できるのです。
これが果物の命をそのまま頂くことになるのです。

子供が学校から、おなかを減らして帰って来て,
「おなか、すいた」と言っておやつを欲しがっている時が果物を食べさせる一番いい時なのです。
出来ればその果物もなるベく、あまり冷やさない方が私達の体の為には良いようです。

体が冷えると体内の消化酵素が働かなくなる為です。
そして、果物を頂く時は、他の食べ物と一緒に混ぜたりしない事です。

例えば、牛乳にバナナをシェイクして食べると栄養のバランスが良いと言われていますが、
牛乳と一緒に食べる事で、胃の中で牛乳のレンニンという酵素が固まってしまい、
その為にバナナも固まった牛乳と一緒に胃の中で滞留(たいりゅう)することになり,
一緒に酸化されてしまうのです。
ヨーグルトに果物を混ぜて食べるのもまた同じ事になるのです。
こんな事をして食べると
視力の低下を招くようになるそうです。

栄養学的に優れた食べ物もその食べ方を間違えると,
かえって体の酸化を促進して老化を早める事になるようですね。

鉄が古くなる(老化する)とどうなりますか。
酸化して錆びていきますよね。
私達の体も全く同じで老化して行く事は体が酸化して行く事なのです。

いかに酸化を抑えていくかが老化をゆっくりさせる事に繋がり(つながり)、
いろんな病気のリスクから体を守り長生きして行く事に繋がるのです。   
posted by おもいこみ at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康促進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。